MENU

「エルピス」人物関係図と冤罪事件の内容は?これまでのあらすじも!

長澤まさみさんが主演を務める「エルピス」の第一話が10月24日に放送され、放送後にはTwitterで「エルピス」がトレンド1位になるほど、盛り上がりを見せていますね。

実在した複数の事件を参考にしているエルピスは、第一話から多くの伏線が張り巡らされており、今後のドラマ展開がさらに面白くなること間違いなしです。

この記事では、「エルピス」の冤罪事件の内容や人物関係図、あらすじを紹介していきます。

目次

「エルピス」人物関係図は?

第一話を終えた今、再度エルピスの人物関係を整理していきましょう。

浅川恵那役/長澤まさみ

長澤まさみさん演じる浅川恵那は、大洋テレビのアナウンサー。

入社当時は人気アナウンサーでしたが、激務をこなすうちに疲れていき、徐々に人気が落ちていくなかで、週刊誌に斉藤との路上キス写真を撮られ、ニュース番組を降板。

そんなある日、岸本から冤罪事件の真相を追おうと話を持ち掛けられ、協力することとなる。

岸本拓朗役/眞栄田郷敦

眞栄田郷敦さん演じる岸本拓朗は、大洋テレビの新米ディレクターで、フライデーボンボンで芸能ニュースを担当しているが、実力と評価は低い人物。

これまで弁護士の母親に守られ、裕福で何不自由ない暮らしをしてきた。

チェリーに脅されたことをきっかけに、恵那と冤罪事件の真相を追うことになる。

チェリー・大山さくら役/三浦透子

三浦透子さん演じる大山さくらは、大洋テレビの番組フライデーボンボンのヘアメイク。

みんなから、チェリーと呼ばれ親しまれているが、ボンボンガールズを口説いた岸本に、冤罪事件の真相を追うように脅迫をする。

斎藤正一役/鈴木亮平

鈴木亮平さん演じる斎藤正一は、恵那の元カレで岸本の新人社員研修の指導役をしていた大洋テレビ報道局のエースで官邸のキャップ。

恵那と岸本が追っている冤罪事件を取材していた経験があり、2人の相談にのる面倒見がいい人物。

松本良夫役/片岡正二郎

片岡正二郎さん演じる松本良夫は、八頭尾山連続殺人事件の容疑者として逮捕され最高裁で死刑を言い渡されている。

現在も無罪を主張していて、浅川からの手紙の返信で心の内を打ち明ける。

「エルピス」冤罪事件の内容は?

恵那と岸本が追っている冤罪事件は、2006年に起こった女子中学生3人が連続で殺害された八頭尾山連続殺人事件で、すでに松本良夫という人物が逮捕され、最高裁で死刑の審判も下っている。

松本が容疑者として浮かび上がった理由は松本が家で中学生女子をかくまっていたこと。

実際に松本は家出をしていた当時中学生のチェリーに、寝る場所やご飯を与えて世話をしていたのだ。

ある日、近所を見回りに来ていた警察がチェリーが家にいるところを見つけ、妻と子供はすでに他界しているはずなのに家に10代の女性がいるのを不思議に思い、疑われて逮捕されてしまう。

ドラマ「エルピス」これまでのあらすじ

エルピスは実在した複数の事件から、アイディアを募らせて作成した脚本家渡辺あやさんのオリジナルストーリー。

落ちぶれてしまった元エースアナウンサー浅川恵那と新米ディレクター岸本拓朗が、連続殺人事件の真相を追っていく社会派エンターテイメントドラマとなっています。

「エルピス」これまでのあらすじ(3話まで)

大洋テレビの新米ディレクターの岸本は、番組出演者を口説くことは禁止されているにもかかわらず、担当番組フライデーボンボンの出演者の一人・アサミを口説いてしまう。

その証拠をチェリーに握られ、それを世に出さないことを条件に八頭尾山連続殺人事件の真相を調べるよう頼まれ、事件の真相を確かめるために、以前報道にいた浅川恵那と官邸キャップの斎藤に協力を求めたのだった。

最初は元カレの斎藤が協力していることを知った浅川は渋るが、覚悟を決めて岸本と共に番組で事件のことを取り上げるための企画の準備を始める。

しかし岸本と浅川の番組フライデーボンボンでの特集は断られ、報道からも拒否されてしまう。

岸本は、上手くいかなかったことをチェリーに報告すると、事件当時チェリーは中学生で家出をしていたところを死刑囚となっている松本に助けられたことを告白。

松本はチェリーに手を出すことはなくとても優しくしてくれていたが、同居していることを警察に知られてしまい、八頭尾山連続殺人事件と関係があると疑われて逮捕されてしまった。

チェリーは、「あの時、私さえいなければ、おじさんは刑務所に入ることもなかったのに」と後悔する。

そんな時行方不明になっていた中学生が遺体で発見される。

この事件は八頭尾山連続殺人事件の模倣犯による犯行なのか、もしくは松本死刑囚は冤罪であり、やはり真犯人が他にいるのか・・・。

浅川と岸本は事件を調べ直すため、八頭尾山へ向かい事件当時の状況を確認するとともに、松本死刑囚を担当した木村弁護士に会いにいく。

浅川は木村と話すうちに松本死刑囚は犯人ではないという気持ちがより一層強くなり、また弁護士もそのことに迷いはないと言う。

そんな時初期の捜査では『若くて髪の長いすらっとした男』が容疑者像だったことを知る。

松本死刑囚には面会ができないと分かった浅川は被害者家族と接触しようと試みるが、事件のことを掘り返したくない家族から拒絶される。

しかし妹が殺害されたという人物から浅川に連絡があり、どうしても妹が警察が話したような行動をしたとは思えないのだと話す。

浅川たちはインタビューを撮り、担当する番組フライデーボンボンで流す本来の映像と差し替え、許可なしに放送する。

「エルピス」人物関係図と冤罪事件の内容は?これまでのあらすじも!まとめ

エルピスの冤罪事件は、2006年に起こった女子中学生3人が連続で殺害された事件、通称八頭尾山連続殺人事件で、岸本がチェリーに脅されたことをきっかけに、落ち目の女子アナ浅川恵那は八頭尾山連続殺人事件の真相に迫っていくことになりました。

長澤まさみさん演じる浅川恵那、そして眞栄田郷敦さん演じる岸本二人とも闇を抱えていて、この事件の真相を追うことでそれまでの自分を変えようとしているようです。

まだ二人の過去について分かっていることは少ないですが、八頭尾山連続殺人事件が本当に冤罪なら真犯人は誰なのか、そしてなぜ浅川は冤罪事件を追うことを決意したのか注目ですね。

  • URLをコピーしました!
目次