MENU

「ラーゲリより愛を込めて」小説あらすじと感想は?映画ロケ地と役柄も!

嵐の二宮和也さんが主演を務める映画『ラーゲリより愛を込めて』が、いよいよ2022年12月9日に全国公開されますね。

今作はシベリアの強制収容所(ラーゲリ)で、過酷な日々を過ごしながらも希望を胸に懸命に生きた男の壮絶な半生を描いた作品で、『収容所(ラーゲリ)から来た遺書』という小説が原作です。

シベリアを舞台にした物語ということで、極寒の地でのシーンが多いと思いますがどこで撮影されていたのでしょうか?また小説のあらすじも気になりますよね。

ここでは、映画『ラーゲリより愛を込めて』のあらすじやロケ地について、またキャストや役柄についてもご紹介いたします!

目次

「ラーゲリより愛を込めて」小説あらすじと感想は?

映画『ラーゲリより愛を込めて』は、第二次世界大戦後にシベリアに抑留され、強制収容所(ラーゲリ)で亡くなった山本幡男の遺書が、驚くべき方法で遺族に届けられた実話を描いた辺見じゅんさん原作のノンフィクション小説が映画化された作品です。

~あらすじ~

第二次世界大戦後の1945年。60万人を超える日本人がシベリアで不当に抑留され捕虜となった。零下40度の厳冬のシベリアでわずかな食料での過酷な労働が続く日々。そんな地獄の強制収容所(ラーゲリ)で、山本幡男は「生きる希望を捨ててはいけません。帰国(ダモイ)の日は必ずやって来ます。」と絶望する捕虜たちに訴え続けた。

劣悪な環境下では日本人同士の争いも絶えなかったが、山本は分け隔てなく皆を励まし続け、そんな彼の仲間想いの行動と信念は凍っていた捕虜たちの心を次第に溶かしていく。

終戦から8年が経ち、山本に妻から「あなたの帰りを待っています」と厳しい検問をくぐり抜けた葉書が届く。

誰もがダモイの日が近づいていると感じていたが、その頃には山本の体は病魔に侵されていてみるみる衰えていくが、愛する妻との再会をあきらめない山本。そんな彼を慕うラーゲリの仲間たちは、山本の想いを叶えようと思いもよらぬ行動に出る。そして妻・モジミに訪れる奇跡とは…。

引用元:公式サイトより

「ラーゲリより愛を込めて」映画キャストと役柄

俳優役名役柄
二宮和也山本幡男(やまもとはたお)事実無根のスパイ容疑により、妻と4人の子供を日本に残してラーゲリに収容されるが、帰国を信じ劣悪な環境の中でも捕虜の仲間を励まし生きる勇気を与え続ける。
北川景子山本モジミ(やまもともじみ)山本幡男の妻。元教師で幡男が捕虜になってからは4人の子供を女手ひとつで育て上げ、夫を信じて帰国を待ち続ける。
松坂桃李松田研三(まつだけんぞう)戦場で足がすくみ戦闘に参加できず、目の前で友人を亡くした経験から自らを”卑怯者”と思い悩む。心の傷を抱えながら、山本と共にラーゲリでの生活を送る。
中島健人新谷健雄(しんたにたけお)生まれつき足が不自由なため徴兵されなかったが、漁の最中に捕虜となる。労働作業中に出会った子犬に食糧を分け与える優しい青年。山本から読み書きを教わる。
寺尾聰山本顕一(やまもとけんいち)山本幡男の長男(壮年期)。10歳の時に満州ハルビンからの帰国途中にソ連の爆撃に合い父親と離れ離れに。父の姿や言葉、家族の思い出を胸に母を支える。
桐谷健太相沢光男(あいざわみつお)ラーゲリ内においても軍人時代の”軍曹”という自らの階級にこだわり、一等兵であった山本や松田らに高圧的な態度を取り、特に山本を敵対視する。
安田顕原幸彦(はらゆきひこ)山本にロシア文学の素晴らしさを教え、彼の人間形成に大きな影響を与えた同郷の先輩。ラーゲリで追い詰められた末にとってしまったある行動により、心を閉ざしてしまう。

主演の二宮和也さんは、山本幡男を演じるにあたり並々ならぬ覚悟を持って臨んでおり、小道具や衣装合わせの際にはより本人に近づけるべく、試行錯誤を繰り返すこだわりを見せたそうですよ。

また映画の公開決定に寄せたコメントで、日本に帰り家族に会いたいと誰よりも強く願い、希望を持ち続けた山本の心情になぞらえて、「ただただ帰ることを想って、行ってきます」と語っていました。

映画「ラーゲリより愛を込めて」のロケ地は?

映画『ラーゲリより愛を込めて』は極寒の地であるシベリアを舞台にした作品なので、ロケ地は新潟県の苗場で2021年の11月~12月頃の雪深い時期に撮影されたそうです。

もうひとつのロケ地は茨城県つくば市にあるワークステーション江戸という撮影施設で、ここは時代劇のオープンセットなど屋外型ロケ施設になっていて、映画『るろうに剣心』などもここで撮影されました。

「ラーゲリより愛を込めて」小説あらすじと感想は?映画ロケ地と役柄も!まとめ

ここでは、映画『ラーゲリより愛を込めて』の原作である小説やあらすじについて、またロケ地やキャストなどについてご紹介いたしました!

戦後12年目にシベリア帰還者から家族に届いた6通の遺書にまつわる話を、辺見じゅんさんが小説にまとめた大宅賞と講談社ノンフィクション賞のダブル受賞に輝いた感動作『収容所(ラーゲリ)から来た遺書』。

この感動の小説が実力派俳優陣により、さらに深みのある映像作品として観る人の心を揺さぶるのではないでしょうか。

戦争やコロナで混沌とした時代、今だからこそ多くの人に見てもらいたい映画ですね。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

  • URLをコピーしました!
目次