MENU

新名基浩(舞いあがれ!空さん役)の出身地や年齢、出演ドラマは?

NHK朝ドラ「舞いあがれ!」で永遠の3回生と呼ばる”空さん”は、無口で飛行機が大好きな役柄でいつも黙々と作業をする個性的なキャラクター。

そんな空さんを演じているのはを演じている新名基浩さんですが、第4週目の最後で初めて声を発し驚きましたよね。

スワン号を語る饒舌な優しい宮崎弁と、空さんがスワン号に携わるのは今回が最後という事に心が震えた人も多いのではないでしょうか。

大学生活6年目だと考えられる空さんですが、実際の新名さんの年齢は40歳で空さんの年齢設定よりかなり年上なんですよね。

ここでは「舞いあがれ!」で空さん役の新名基浩さんの出身地や年齢、これまでの出演ドラマについてご紹介します。

目次

新名基浩(舞いあがれ!空さん役)の出身地や年齢プロフィールは?

生年月日:1982年3月17日(40歳)*2022年10月現在

出身地:宮崎県

身長:165㎝

活動期間:2008年~

所属事務所:ニコフィルム

主な出演作:「晴天を衝け」「鎌倉殿の13人」映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」

新名基浩(にいなもとひろ)さんは26歳の2008年にラジオドラマ「モモとみた夢」でデビューし、2015年の「美女と野獣」からテレビドラマにも出演するようになりました。

デビュー経緯や俳優になる前の情報がほとんどありませんが、NHKの連続テレビ小説や大河ドラマにも多く出演している個性的な俳優さん。

「舞いあがれ!」で感動を巻き起こした『きれいやとよ』はネイティブの宮崎弁だったんですね。

新名基浩の出演ドラマは?鎌倉殿の役柄も!

新名さんは多くのドラマや舞台に出演していて、特にNHKの大河ドラマや朝ドラにに多く出演しています。

2017年NHK「ひよっこ」焼き芋屋さん

新名さんは「ひよっこ」ではお客さんを待っている間にラジオで中継を聴くほど相撲が好きな焼き芋屋さんを演じていました。

そのラジオはみね子たちが作っていた向島電機製のラジオで、実際に使われているところを見るのは初めてだったんです。

2018年ドラマ・2019年映画「宮本から君へ」

新名さんは、後に映画化もされた「宮本から君へ」で主人公宮本の同期、大芝を演じました。

大芝は宮本や田島と一緒に文具メーカーのマルキタで営業部員を務めていて、行動を共にすることが多いのですが周りをイラつかせてしまう性格です。

2019年NHK「なつぞら」猿渡竜男役

新名さんは「なつぞら」では『百獣の王サム』を企画したアニメーターの猿渡竜男を演じました。

猿渡竜男は手塚治虫さんの元アシスタントで、東映動画の月岡貞夫さんをモデルにして描かれており『狼少年ケン』の企画を出した人物です。

『狼少年ケン』は昭和38年から放送された『鉄腕アトム』に対抗して作られた作品なんだそう。

2022年NHK「鎌倉殿の13人」安達盛長役

新名基浩さんは『鎌倉殿の13人』では安達盛長(野添義弘)の嫡男・安達景盛を演じています。

父の安達盛長は源頼朝の側近を務めていましたが、2代目将軍の源頼家の側近に盛長は選ばれていないため仲が悪かったとも。

新名基浩(舞いあがれ!空さん役)の出身地や年齢、出演ドラマは?まとめ

新名基浩さんは朝ドラ「舞いあがれ!」で寡黙な空さんを演じ、初めてのセリフがスワン号への情熱であったことから感動したと話題になっています。

まだ舞の大学生活は始まったばかり、舞がパイロットとなったスワン号が飛ぶのが楽しみですね。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

  • URLをコピーしました!
目次