MENU

サイレント(ドラマ)は今後どうなる?視聴者の結末予想も

ドラマ「silent/サイレント」は第4話でお似合いのカップルだった湊斗と紬が別れてしまいましたが、二人が出した結論が切なすぎると話題になっていますね。

想と再会したときから別れの展開は予想できましたが、湊斗が優しすぎて見ているのが辛くなってしまった人も多いのではないでしょうか。

そして第5話以降では紬は湊斗の決断を受け入れ、気持ちを切り替えてやっていこうという決意が感じられますが、次は想と奈々の関係についてモヤモヤが残っています。

ここではサイレント(silent)の今後はどうなるのか、紬や湊斗・想と奈々の気持ちを踏まえて結末の考察と予想を紹介します。

目次

サイレント(silent)今後どうなる?視聴者の結末予想も

紬と湊斗が別れ、想と一緒にいることが自然になっている紬ですが、このまま二人がハッピーエンドという流れになるのでしょうか。

silentの結末の考察と予想を紹介します。

湊斗はもう紬に戻らない?

湊斗は紬と付き合っている3年間、「もし今、想と再会したら」と怖かったと話していて、別れるという決断もその苦しみから解放されたいという気持ちがあったことは分かりますよね。

と言っても、紬の親友真子から「紬は3年間幸せそうだった」と話され、泣いていたところを考えると気持ちが残っていることは明らかです。

しかし自分から復縁しようと言う可能性は極めて低く、大好きな紬が一番可愛く幸せでいられるのは想のそばにいる時だと信じているようです。

このあたりは見る人によって違うと思いますが、紬の友達の真子は「無意識に湊斗くんがでてしまうくらいぽわぽわしてた」と言っていて、想と湊斗はどっちが好きという風に比較する対象ではなく、湊斗といる紬は自然体で二人でいることが当然の状態だったのではないでしょうか。

紬にとって想に対する気持ちが『恋』であるなら、湊斗に対する気持ちが『愛』だったと考えると、紬と湊斗が付き合うのには少し早かったのかもしれませんね。

「誰が好きかじゃなくて、誰といる自分が好きか」という映画のセリフを思い出した 紬も想も好き、だけど想にどこかで負い目を感じながら紬といる自分を、湊斗は好きになれなかったんだろうな…

Twitterより引用

想が紬に気を遣うのは止められる?

想は耳が聞こえなくなってしまってから事情を伝えずに一方的に紬に別れを告げていて、再会した時の手話を考えるとずっと紬のことは忘れられずにいたのでしょう。

湊斗と別れたと知った想は、初めてLINEでも手話でもなく目の前にいながら紬に直筆のメッセージで気持ちを伝えています。

『言葉』というものは打ち込まれた文字でも伝わりますが、発する声の温かさや声の抑揚で気持ちがより伝わりやすくなることが多いですよね。

また第5話で想が手話をする時に口も動かしていることに気づきましたか?

自分の発した声が聞こえない想が、気持ちを精一杯伝えようとしているのが見受けられ、『青羽が俺のこと見てくれるならちゃんと言葉にしたい』と伝えていることから、紬は今も大事な存在だという事が分かりました。

奈々との問題も落ち着いたと思いますが、二人の今後は想が紬のことを気にするあまり、関係が崩れてしまわないかが気になります。

7話でファミレスで店員さんが落として食器が割れたことを紬が伝えなかったことで、想は手話はやっぱり面倒なんだと感じたように見えました。

想がそういう気持ちを断ち切るには、想の母親にも紬との関係を理解してもらう必要があるのかもしれませんね。

第8話から紬の母・和泉も登場し、今後二人の母親が物語のキーポイントになっていくのではないでしょうか。

サイレント(silent)の結末の考察と予想

第7話で初めて登場する紬の母、なぜ今のタイミングなのか気になりますよね。

おそらく想との関係でお母さんが関わってくるのだろうと思いますが、弟・光のことでもお母さんが何か関係しているのかもしれません。

また想の母についても、想の妹や姉が母親の考え方に疑問を抱いているようですし、ドラマ後半は重要なポイントとなっていきそうです。

紬が手話で話すことを”面倒だろうな”と気遣っている想は一度紬から離れる決意をするかもしれません。

そんな気持ちを払拭させるような出来事が想の母に纏わるストーリーや紬の母からのアドバイスのような気がしませんか?

サイレント(ドラマ)は今後どうなる?視聴者の結末予想も まとめ

サイレントは交際していた紬と湊斗が完全に別れてしまいましたが、二人の復縁を希望する視聴者が多くいるようですね。

しかし第6話での湊斗の様子は何か肩の荷が降りたような、清々しい感じもしました。

第7話では湊と紬の復縁はないんだなと感じましたし、今後は想と一緒にいることですれ違いが多く出てきそうですね。

  • URLをコピーしました!
目次