MENU

シスター/Sister最終回の原作ネタバレは?ハッピーエンド?

ドラマ「Sister」は姉妹で同じ男性を好きになってしまうドラマですが、単純な三角関係ではなく登場人物それぞれに隠された顔があるような気がして、先が気になるストーリーですよね。

Sisterの原作は漫画でドラマでは違うところもありますが、原作のラストはハッピーエンドとなっているのか気になりますよね。

また、姉・沙帆が妹・凪沙に向けた復讐劇は第一章で完結しましたが、第二章の裏切り編はどのようになっていくのでしょうか。

ここではドラマ「Sister/シスター」の最終回はハッピーエンドなのか原作漫画からのネタバレと、第8話のネタバレ、沙帆と凪沙の怖さの比較を紹介します。

Huluは2週間のお試し無料期間あり!解約しても違約金はなし

目次

シスター/Sister最終回結末の原作漫画ネタバレは?ハッピーエンド?

Huluは2週間のお試し無料期間あり!解約しても違約金はなし

ドラマ「Sister」の原作漫画では結末は陽佑は亡くなり、その後は元通りの仲のいい姉妹になるという展開なんです。

沙帆の父への歪んだ愛情が凪沙を憎むエネルギーになっていて、仲の良い姉妹になるまでには想像ができない展開がありますが、結局のところ陽佑と結婚するのは姉・沙帆ではなく妹の凪沙というのは原作通りです。

その後凪沙は陽佑の子供を妊娠するのですが、それまでに姉妹の立場や性格はまるで変わってしまいます。

凪沙は沙帆の呪縛から解放されないストレスから、陽佑を裏切っていく沙帆にも負けない恐ろしさを秘めているんです。

はっきり言って陽佑は姉妹に振り回される存在であり、原作では陽佑にとってハッピーエンドではありません。

考え方にもよりますが、誰にとっても幸せな結末とは言えないような展開で終了します。

・陽佑は凪沙が不倫していた相手・桧山に殺されてしまう

・凪沙は陽佑の子供は流産してしまう

・沙帆は以前のような優しい姉に戻っている

・沙帆に新しい恋人ができている

・沙帆だけ幸せになることを凪沙は許せない様子

ドラマではどんなストーリーで結末を迎えるのか、原作と同じように陽佑が亡くなってしまうのか気になりますね。

「シスター/Sister」今後どうなる?第8話原作漫画からネタバレ

第6話最後で実質味方がいなくなった沙帆は凪沙を殺めようとしますが、原作では陽佑が沙帆の仕事部屋を特定し凪沙を救出して事なきを得ましたが、第7話で昊太に昊太に刺され海に落ちましたね。

しかし沙帆の遺体が見つからないことから、凪沙は心から安心することはできません。

陽佑と結婚し幸せなはずですが、先輩・桧山と関係を深めることで気を紛らわせていきます。

そんな時沙帆の姿を見かけ、混乱する凪沙。

沙帆は陽佑の元を訪れ、それまでのことを謝罪したのですが、陽佑は凪沙に黙ってたのです。

陽佑のことも信じられない凪沙は桧山との関係を続けますが、桧山からも突き放されていき・・・。

凪沙も沙帆に負けない恐ろしい女性へと変貌していくのです。

シスター/Sister第2章 凪沙と沙帆はどちらが怖い?

まず沙帆のことをまとめると、

  • 実父を男性として愛していた
  • 実父と同じ名前の男性・陽佑の中で父が生きていると信じていた
  • 父との子供を産むために陽佑に近づいた
  • 流産したことで陽佑に罪悪感を持たせた
  • 自分だけのお父さんを凪沙が生まれたことで取られたと思い、長年に渡る復讐を計画していた
  • 凪沙を苦しめるため、自分が婚約した後に陽佑に再会させた
  • 凪沙を襲わせた
  • 目的達成のためなら男性を翻弄する
  • 無理矢理陽佑を襲った
  • 凪沙を殺そうとした

と、まだまだ出てきそうですが、共通していることは全て陽佑を手に入れるため・・ですね。

そして原作で凪沙についての怖いところは、

  • 沙帆の恐怖から逃れられず、桧山と不倫する(最初は桧山が既婚者だとは知らない)
  • 桧山の家庭を壊す
  • 陽佑に片想いしている女性を潰す

と、項目は少ないのですが、目的はバラバラで内容が身勝手ですよね。

桧山を手に入れようとするも、家庭を壊したことで桧山から別れられ、陽佑に戻ったら周りを排除する・・・。

ドラマで同じように描かれるかは分かりませんが、原作から考えると本当に怖いのは凪沙なのかもしれませんね。

ドラマ「シスター/Sister」は原作漫画通り?

「シスター/Sister」ドラマでは陽佑は高校時代の凪沙の初恋相手ですが、原作では陽佑と凪沙は職場で初めて出会っている点が大きく違っています。

沙帆が二人を出会わせるよう仕向けたのは同じなのですが、原作では陽佑が酔った凪沙を介抱し、沙帆という婚約者がいる身でありながら体の関係を持ってしまい、陽佑に罪悪感を抱かせるというのが沙帆の目的でした。

『初恋の相手』という原作にない設定が陽佑と凪沙を美化しているように感じるという声もあり、そのために原作とのズレを感じると言った声もあります

原作のようくんより、ドラマの方が沙帆を受け入れていて、凪沙ちゃんからちゃんと離れようとしてる気がする

Twitterより引用

また他に異なる点では第6話で凪沙が再会した広島時代の先輩・桧山の登場は原作ではもっと先なんです。

凪沙の殺害に失敗した沙帆は亡くなったことになりますが、情緒不安定になった凪沙が浮気してしまう相手が昔の恋人である桧山なんです。

陽佑も原作より誠実ですし設定が多少異なっているので、今後のストーリーも原作と違ってくる可能性があるのではないでしょうか。

シスター/Sister最終回の原作ネタバレは?ハッピーエンド?まとめ

ドラマ「Sister」は登場人物の裏の顔が怖く、瀧本美織さんの演じる沙帆は美人で男性陣も虜になっているだけに何を考えているのか分からないですよね。

原作とドラマでは陽佑と凪沙が出会う時期が大きく異なり、原作は刺激的な内容を含むのでドラマ用に設定を見直したのかもしれませんね。

今後ドラマでどのようにストーリーが進むのか、これからの展開が楽しみですね。

  • URLをコピーしました!
目次