MENU

ユミの細胞たちシーズン1のネタバレあらすじは?相関図も!

韓国ドラマ「ユミの細胞たちシーズン1・2」が、「2022 AACA(Asian Academy Creative Awards)」本賞にノミネートされて世界中で話題になっています。

3Dアニメーションと実写を掛け合わせた、オリジナリティ溢れる世界観に虜になった視聴者が続出中なんですよ。

大反響のユミの細胞たちシリーズは、2022年10月現在Amazon Primeビデオで独占配信されています。

この記事では、ユミの細胞たちシーズン1のネタバレやあらすじ、相関図を紹介していきます。

目次

ユミの細胞たちシーズン1のキャストと相関図は?

ユミの細胞たちシーズン1の主演は「シスターズ」「トッケビ」のキム・ゴウンさんと「梨泰院クラス」でチャン家の長男チャン・グンウォンを演じたアン・ボヒョンさんです。

またSHINeeのチェ・ミンホさんが、特別出演をしています。

キム・ユミ役/キム・ゴウン

キム・ゴウンさん演じるキム・ユミは、大韓ククスで働く平凡な会社員。

3年前の失恋の影響で、愛細胞が昏睡状態に陥ってしまっています。

そんなある日、再び恋に落ちることに。

ク・ウン役/アン・ボヒョン

アン・ボヒョンさん演じるク・ウンは、SLW STUDIOのゲーム開発者。

飾り立てるような才能はなく、感情表現も欠如してしまっている人物です。

ユミに出会って、一目惚れをすると、ウンの細胞に変化が起きます。

ルビ役/イ・ユビ

イ・ユビさん演じるルビは、ユミの職場である大韓ククスの後輩。

ツンツンした性格をしていて腹黒い部分もありますが、憎めない人物です。

チェ・ウギ役/チェ・ミンホ(SHINee)

チェ・ミンホさん演じるチェ・ウギは、ユミの職場である大韓ククスの同僚。

社内では、アイドルのような存在です。

ソ・セイ役/パク・ジヒョン

パク・ジヒョンさん演じるソ・セイは、ウンのゲーム会社の同僚。

ディレクターをしている人気者の野心家です。

ユミの細胞たちシーズン1のネタバレあらすじは?

ユミの細胞たちは、累積閲覧回数が32億回を記録したWeb漫画を実写化したドラマです。

ユミの頭の中の細胞たちの視点とユミの日常をコミカルに描いた、甘くて切ないロマンスストーリー。

細胞たちは3Dアニメで登場し、細胞たちのかわいさに癒されること間違いなしです。

「ユミの細胞たちシーズン1」あらすじ

主人公であるキム・ユミは、食品会社大韓ククスで働く平凡な会社員。

ある日、気になっていた後輩のウギから男性を紹介されることに。

告白もしないうちに終わってしまった恋に、ショックを受けてしまいます。

失恋を引きずったまま、ウギに紹介された人と会うことを決めたユミ。

待ち合わせ場所に向かうと、そこにはボサボサ頭のウンが立っていました。

お世辞にも綺麗な見た目とは言えないウンの姿に、ユミは絶句します。

そんなユミとは対照的に、ウンはユミに一目惚れ。

ウンの第一印象は最悪でしたが、ユミは徐々にウンの優しさに惹かれ、付き合うことに。

順調に付き合っていた2人でしたが、価値観の違いが見え始めて最後には別れを決断します。

ユミの細胞たちシーズン2のキャストは1と同じ?

ユミの細胞たちシーズン2のキャストは、3人のキャストが追加されています。

Block BのP.Oさんと女優のシン・イェウンさん、俳優のチョン・ソクホさんの3人です。

Block BのP.Oさんは、ユミの小説のイラストを担当するイラストレーターであるコントロールG役で出演。

女優のシン・イェウンさんは、バービーのトッポッキ屋のアルバイト役のユ・ダウン役として出演します。

3人目のチョン・ソクホさんは、ジェリー文学社の編集長アン・デヨン役です。

ユミの細胞たちシーズン1のネタバレあらすじは?相関図も!まとめ

ユミの細胞たちシーズン1では、ユミとウンの恋愛模様が繰り広げられ、シーズン2ではロマンスだけではなく、ユミ自身にもスポットが当てられたストーリーです。

キム・ゴウンさんとアン・ボヒョンさんは引き続き出演し、追加キャストも登場しさらにパワーアップしたシーズン2。

世界中で大ヒットしているユミの細胞たちシーズン1、2は、Amazon Prime Videoで独占配信されているので是非チェックしたいですね。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

  • URLをコピーしました!
目次